YOUTUBEスタート準備中!こうご期待!

【超簡単ポン付け】エブリイDA17V シガー電源取出し方法・ETC、ドラレコ、バックモニター等に

エブリイDIY

軽貨物の委託をはじめる時ドライブレコーダーは必須装備になると思います。またスポット便などを行う場合は遠方の配送もあるのでETCも必須ですね。

ドライブレコーダーは、ほとんどがシガープラグからの電源取出しになっていますのでシガープラグ型の電源を設置しインパネ内での配線接続すると綺麗に配線できます。

車両購入時にすでに設備済みなら楽ですが、主のエブリイは購入時何もつけませんでしたので後から自分で取付けをおこないました。

時間があり必要工具などが揃っていれば比較的難しくないので、ぜひ挑戦してみて下さい。

簡単!早い!ヒューズから電源取り出し

ヒューズ電源取出しおすすめパーツ

”エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ (1542)”

購入しやすい低価格でありながら安心のヒューズBOX付き、しかも2股分岐加工で2種類の電装品の電源が取り出せる!これすごく便利です。

ドライブレコーダー、ETC、バックカメラ、モニター、レーダー探知機など機器が増えた時、スグ使える予備線は便利ですね。

構成によりキボシ加工や別途シガーソケットの用意は必要です。

その他おすすめ

”ミニ平型ヒューズ 電源取出し用 12V シガーソケット 10Aヒューズ付き”

そのままシガーソケットがついてますので使いかってはいいですね。取急ぎドライブレコーダーだけ取付けたい場合などにおすすめです。

上記パーツを購入し車のヒューズボックスに割り込ませるだけで、車のキー連動のアクセサリ電源が簡単に取り出しできます。

エブリイDA17Vのヒューズ形状は低背型ヒューズになります。

ドライブレコーダーの接続は、ほとんどがシガープラグからの電源取出しになっていますので必要であれば2連ソケットなどをキボシ接続し増設するのが良いかと思います。

使って分かったおすすめできないパーツ

”カーメイト 車用 シガーソケット ヒューズ 2連 ドライブレコーダーに最適 CZ483”

このパーツは車のヒューズBOXから電源を取り出してソケットを2穴増設することができる一石二鳥的な便利なパーツです。

これは良いと購入して使ってました。ところがすぐ壊れました。新たにETCを増設していたところヒューズ部分が通電しなくなりました。

テスターで調べたところヒューズと差替える部品が断線してました。容量を超えた電流が流れたのか、よく分かりませんが耐久どうなのかと・・・・。また部品がセパレートになっていて外れやすいのもあります。

ちょっとおすすめできないかなと思いました。

エブリイでの電源取り出し手順

グローブボックス取外し

①ボックスを開いた状態から両側を内側に押しながら

②手前、気持ち下側に引っ張ると簡単に外れます。

向かって右側にヒューズボックスがあります。カバーを外します。これを外すとヒューズがずらりと並んでいます。

このなかのアクセサリの記載ある15Aのヒューズを取り出します。主はACC2のヒューズを外して接続してます。ケーブルに干渉するためフタは取り付けできません。

アースはボックス左側の下部に8mmネジがありますのでここから取ります。Tレンチソケットが必要です。

BOXの左側はかなりスペースがありますので配線の”あまり”やシガーソケット(3連でも)を十分設置できます。

主は壊れたカーメイトの2連シガーソケット部を流用しキボシで接続し設置しました。

余ったケーブルなどをタイラップでまとめて、グローブボックスを戻して終了です。

お疲れさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました