YOUTUBEスタート準備中!こうご期待!

【令和最新】軽貨物・黒ナンバー取得方法 5分で解説・体験談あり

軽貨物

軽貨物の配送業務を始めるにあたりすでに所有している黄色ナンバーの軽バンを黒ナンバーに変更するための手順を分かり易く簡潔に記事にしています。


アマゾン宅配、ウーバーイーツ、スポット便など軽貨物での事業を始めたい場合、必ず事業用ナンバー(黒ナンバー)に変更しなければいけません。実際のナンバー(番号)も変わります。また任意保険も変更になりますので保険の切替も必要です。

この記事は令和2年4月21日に茨城運輸支局に届出をおこなった実例をもとに編集作成しています。

ネットの情報が古いのか既に公開されている取得情報に結構な間違いがあり、支局でもかなり慌てましたので令和最新として解説します。


管轄の各支局により若干の違いあると思います。あくまでも参考として下さい。

取得自体は少々面倒ですが難しくありません。代行業者などに頼まなくても個人で取得できます。手順をしかっかり把握して二度手間にならないように準備しましょう。

主の場合、新車でエブリイワゴンを購入しましたが、軽貨物の業務開始はまだ先だったため購入時点では黄色ナンバーにて登録し、アマゾンFLEX業務開始にあわせて黒ナンバーを取得しました。

申請書類の書き方、保険の切替などは別記事にしてあります。あわせてどうぞ。

https://shigelog.info/kei-kamotsu/shinseiーhou

黒ナンバー取得の流れ


管轄の「運輸支局」 と 「軽自動車検査協会 」2カ所に訪問します。

先ず 「運輸支局」に必要書類を提出します。

書類に不備等あった場合はその場で教えてくれますので修正して内容に問題なければ 「軽自動車検査協会」 に提出する「事業用自動車等連絡書」が渡されます。また提出書類の控に検印が押され自分用の控えとして渡してくれます。

その次に同管轄の「軽自動車検査協会」に訪問します。「運輸支局」で検印された「事業用自動車等連絡書」以外に協会内で申請書類を2種作成します。窓口を行ったり来たりするので時間がかかります。ナンバー取得まで15~30分程度かかると思って下さい。

「運輸支局」 と 「軽自動車検査協会」は同じ敷地にある場合もあるようですが茨城県水戸の場合、車で約20分離れた場所にありました。事前に十分調べて特に時間に余裕をもって行きましょう。

「運輸支局」でもたつくことはありませんが「軽自動車検査協会」は恐らくどこの県でも混雑していると思いますし時間かかりますので午前中に余裕をもって訪問することをお勧めします。申請で手こずっていると終了時間までにナンバー取得できずに二度手間になりかねません。

大体16:00時に業務終了となるようです。

「運輸支局」 に必要書類提出 & 体験談

窓口が最初分からず、車検や新車登録廃車の手続きの番号ナンバーを持って全然違うところで待ってしまいました。よく確認したほうがいいです。

茨城の場合ですが担当窓口の方がすぐ対応してくれて、その場で書類チェック、確認印頂き終了でした。時間にして5分~10分です。

次のものが必要になります。

  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書(提出用・控え用の合計2部)
  • 運賃料金表(提出用・控え用の合計2部)
  • 事業用自動車等連絡書(提出用・控え用の合計2部)
  • 車検証のコピー(新車の場合は、車台番号が確認できる完成検査証のコピー)
  • 印鑑 三文判OK シャチハタはNG 作成していく場合は不要だが念のため持参

事前に自宅で作成して持っていきましょう。
各種、必要書類の書き方はまとめてこちらからどうぞ(編集中)

事業用自動車等連絡書は提出用・控え用の合計2部必要です。窓口で口頭注意されました。一部は運輸支局の控えになるようです。管轄により多少違いがあるにせよ念のため2部用意しましょう。多数の解説ページでは1部と記載ありましたので・・。

貨物軽自動車運送事業経営届出書について

事前に管轄の支局のホームページから必要フォーマットをダウンロードして自宅で記入していきます。氏名や住所等を記入し印鑑(三文判OK、シャチハタ以外)を押して作成します。

運賃料金表について

管轄の支局からダウンロードしネットの記入例を参考に作成しましたが窓口に行ったら様式が違うと指摘されました。ネットの記入例まるパクリで持って行ったので用紙の変更部分の意味が分からずかなり焦りました。

担当者が察してくれて記入例を持ってきてくれたので、大体同じ料金で記入してとりあえず提出しました。可能であれば提出前に一度支局に訪問し用紙のチェックはしておいた方がいいです。

設定した金額がおかしいとか料金設定に関してあれこれ言ってくることはありません。私の作成したものはネットを参考にしたのですが、支局の記入例とかなり料金が離れていました!2500円とか・・・・ちょっとヒヤッとしましたが問題無しです。

事業用自動車等連絡書について

この書類も管轄の支局からダウンロードしネットの記入例を参考に作成します。特に難しいところはありません。

以上、運輸支局では窓口の担当の方が目の前で対応してくれますので問題ありません。くれぐれも用紙だけは確認しておいた方がいいですよ。

事業用自動車等連絡書は自分用の控え(コピー)をとるのを忘れずに。
軽自動車検査協会に提出してしまいますから手元に残りません!

連絡書
重要

運輸支局で発行される事業用自動車等連絡書は、軽貨物の委託を始める時に、提出を求められる場合がありますので必ずコピー(控えとして保管)して下さい。軽自動車検査協会では控えをくれません。

ちなみに
AmazonFLEXでは登録時に事業用自動車等連絡書の提出(アプリより画像アップロード)を求められます。


軽貨物での業務委託を行うときに事業用自動車等連絡書(コピー)が無い場合は運輸支局で「証明願」を提出し証明書を代わりに発行してもらいます。再発行はされません。

「軽自動車検査協会」 にて黒ナンバー発行&体験談

運輸支局で発行された 「事業用自動車等連絡書」 と車検証(コピー)を持って、「軽自動車検査協会」に向かいます。

必要なもの

  • 運輸支局で発行された 「事業用自動車等連絡書」
  • 車検証(コピー)
  • 外した黄色ナンバー 前後 2枚
  • ナンバー代金 1,500円前後 
  • 印鑑 三文判OK シャチハタはNG
  • 申請代行する場合 別途1,500円程度必要
  • 新たに軽自動車検査協会でもらう無料(有料の場合あり)申請書2種類

ナンバー取得の申請書と税金の申請書を新たに作成します。ネットには情報が無かったため手こずりました。先に用意しておくこともできませんし・・・・。

”黄色ナンバーから黒ナンバーの変更なんですが・・・”とハッキリ窓口で言うと奥から申請書と必要書類を無料でもらえます。主はこの書類をもらうまでに5分はかかったと思います。

この申請書が細かくて時間かかりました。カウンターに記入例があるので車検証見ながら記入していきます。用紙もらうまで窓口たらい回しだったので余計に時間かかりました。

好きなナンバー、指定ナンバー希望の場合はさらに申請が複雑そうです。必要書類と今まで使用していた黄色ナンバー提出しますので、あらかじめナンバーは外しておいた方がいいです。

申請からナンバー取得するまで15~30分程度かかりますので時間に余裕をもって行きましょう。

各窓口も忙しいせいか事務的対応でチョット不親切に感じましたが、分からなければしつこく、どこの窓口でもいいから教えて教えて!と聞きまわることです。


順番に指定窓口を進んでいくと最終窓口でナンバー代金を払い、実際に取り付ける黒ナンバーを発行してくれます。すぐもらえましたので最初から作ってあったのかな?と思います。

料金は1550円でした。主の場合、希望ナンバーは申請してません。ステン製のネジ4本付きです。外したネジは捨てるBOXがあって捨てていけます。

主のエブリイワゴンは令和1年登録でネジも既にステンネジでした。古い軽バンだと鉄製ネジでサビや摩耗がでるので交換すると良いですよと声をかけられました。

参考まで

軽自動車検査協は車検や登録などで混雑しており窓口も事務的ですので多少ストレスありました。申請代行は1500円程度ですが車検証片手に記入例を探して作成できますので特に難しい事はありませんでした。ぜひ体験してみてください。

まとめ

大事なことなど最後に。

  • 管轄支局のホームページからフォーマットをダウンロードしても最新でない場合があるので実際に訪問して確認した方が良い。
  • 事業用自動車等連絡書は軽貨物の委託を始める際、提出を求められる場合があります。必ず控えをもらえるか確認し、控えが無ければ自分でコピーする。
  • 軽自動車検査協会では申請書2部をその場で作成しなければいけない
  • ナンバー取得まで30分はかかると思って余裕をもって訪問する。


以上になります。黒ナンバー取得の際は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました